京都の木の家づくり表彰事業

京都で育った木で家を作る。

住む人にとっても、地域の森にとっても、私たちを取り巻く環境にとっても心地よい事です。

地域の森林で生産された木材を使って木造建築を進めることは、再生産可能な森林資源の循環利用に役立つとともに、地域の木材産業が発展することにより、地域振興にもつながります。さらに、近くの森林で育った木材を使うことは、はるばる遠くから運んでくることに比べ、輸送に伴って出される二酸化炭素の量も少なく、地球温暖化を防ぐ役割も果たしているといえるのです。

京都府産木材利用推進協議会では、京都府産認証木材の推進に関する様々な事業に取り組んでいますが、令和元年度から認証木材を使って建築された建物の表彰事業を行っています。

主催 京都府産木材利用推進協議会
共催 京都府
後援 一般社団法人京都府建築士会/京都府建築工業協同組合/京都府森林組合連合会/一般社団法人京都府木材組合連合会
  • 第1回表彰式の写真
  • 第2回表彰式の写真
  • 第3回表彰式の写真

過去の受賞作品はこちら

ページの先頭に戻る